TOP

 
舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~
舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~イメージ
期間・劇場
2022年5月8日(日)~5月15日(日)
シアター1010
チケット
一般発売日 2022年4月23日(土)12:00
料金 9,000円(全席指定/税込)
公演に関するお知らせ
 
 
公演に関するお知らせは公式サイトをご確認ください。
New!
Blu-ray&DVD情報
 
 
Blu-ray&DVD化が決定しました!
詳細は公式サイトをご確認ください。
配信情報
 
 
Streaming+、シアターコンプレックスにて初日と千秋楽公演のライブ配信が決定しました!
詳細は公式サイトをご確認ください。
グッズ情報
 
 
グッズ情報を公開いたしました。
詳細は公式サイトをご確認ください。
来場者特典ブロマイド
 
 
来場者特典として特製ブロマイド配布決定!
詳細はこちらからご確認くだい。
キャラクタービジュアル
 
 
kouyouki3_character.png
キャラクター紹介
 
 
西條高人/経若:陳内 将

かつて朝廷から鬼側へ人質として差し出された帝の息子。鬼女・呉葉に育てられ戸隠の鬼たちの頭目となるが、鬼の力を目覚めさせられ暴走した弟・繁貞との戦いを経て鬼と人が共存できる世の中を望むようになる。
酒吞童子の配下である茨木童子との戦いで深手を負い子鬼・いぶきに看病されていたが、数ヶ月ぶりに意識が回復する。


東谷准太/酒吞童子:加藤 将

大江山に棲む鬼であり、盗賊の頭目。
酒が好きなことから仲間からこの名前で呼ばれている。
幼い頃より非常に強い力と高い知能を持ち、その魅力に惹かれたはぐれ者の鬼たちを率いている。
経若に対し異常なまでに強い執着心を持つ。


イクシマ:小波津亜廉

酒吞童子に仕える六芒星の陰陽師。朝廷内で強い発言力を持っていた陰陽師・摩爬の帝への信仰心につけ込み、鬼と人とが争うようけしかけ都を追放された過去を持つ。
経若の情報を酒吞に渡すことで大江の鬼たちにつき、陰陽師の力を利用し軍師を務めている。


帝:小野健斗

都を治め神に最も近いとされる男。経若と繁貞の父。
かつて紅葉狩りに行った際に鬼女・呉葉と出会い、人目を忍び逢瀬を重ねていた。そのことを知った、陰陽師・摩爬に術をかけられ傀儡天皇となっていたが、摩爬を倒すことで自我を取り戻した。
大江に囚われた経若の奪還に乗り出す。


鷲王:田鶴翔吾

戸隠出身の鬼。怪力の大男でたたら場で製鉄の仕事をしている。
繁貞とは主従関係だが、戸隠をよく知る者として友人のような距離感で補佐している。
家族も多く、仲間を非常に大切にしている。


雪熊:小林由佳/月熊:今村ゆり子/花熊:渡邊彩乃

酒吞童子の配下である鬼女三姉妹。酒吞童子の身の回りの世話を務め、戦闘力も高い。
星熊と共に大江の四天王と呼ばれる。


行成:相澤莉多

保名の弟子。保名を非常に尊敬して付き従っている。
陰陽師としては新米だが、真面目で勉強家。


いぶき:磯田虎太郎/前田武蔵(Wキャスト)

経若の前に現れた子鬼。その面影は、経若をかばい亡くなった子鬼・おまんを彷彿とさせる。
経若と共に時を過ごすようになり「父上」と呼び慕うが、その正体は経若に近づくため子鬼に化けた酒吞童子であり、その真意は不明。


星熊:髙木 俊

酒吞童子の配下である鬼。雪熊・月熊・花熊と共に大江の四天王と呼ばれる。
無表情だが内面は人間に対する恨みが煮えたぎっており、神経質で短気。


保名:富田 翔

朝廷内で官位を超越した発言力を持っていた五芒星の陰陽師・摩爬の弟。
摂津にて任務に就いていたが、兄の死後は都でその罪を償うべく真摯に役割を果たし帝を支えている。
気の強い自信家の兄と違い、病弱で気弱な性格だが、帝への忠誠心はあつい。


維茂:今井靖彦

都を防衛する武士であり、繁貞の育ての父。優しい男だが、過去に帝の命により鬼の本山・戸隠を攻め落とし呉葉の首を切り落としたことのある剣豪。
先の戦いの後は越後にて隠居していたが、経若を奪還するため帝により再び都へと呼び戻される。


綾木千広/繁貞:菊池修司

戸隠山に棲む鬼の現頭目。帝と鬼女・呉葉の間に生まれた子であり、経若は腹違いの兄にあたる。
過去に都と鬼との停戦の条件として鬼側から引き渡され維茂の子として育てられた。
兄・経若との戦いを経て鬼と人とが手を取り合う世界を望むようになり、戸隠を鉄で発展させるべく鷲王らとたたらば場で働きながら頭目として鬼を率いている。
酒吞童子に襲われた際の刀疵にイクシマの術をかけられており、本来の力を抑え込まれている。
あらすじ
 
 
先の茨木童子との戦いで深手を負った経若は、数ヶ月ぶりに意識が回復する。
再び子鬼・いぶきの姿で経若と共に穏やかな時を過ごす酒吞童子だが、経若のある言葉をきっかけについにその正体を明らかにする。
そして酒吞童子は経若の生死を支配し、いよいよ宿願である帝狩りへと動き出す。

一方、帝は経若奪還のため維茂を呼び戻し、戸隠の頭目・繁貞に援軍を要請することを決意する。
鬼と人の行く末を決める最終決戦がはじまる──
チケット先行販売情報
 
 
最終先着先行 

先行予約:先着販売
チケット取り扱い:イープラス
受付期間:2022年4月16日(土)10:00~4月22日(金)18:00
※初日・千穐楽は受付対象外


2次プレオーダー先行

先行予約:抽選販売
チケット取り扱い:イープラス
受付期間:2022年4月7日(木)13:00~4月11日(月)23:59


プレオーダー先行

先行予約:抽選販売
チケット取り扱い:イープラス
受付期間:2022年3月30日(水)12:00~4月4日(月)23:59


オフィシャル先行

先行予約:抽選販売
チケット取り扱い:イープラス
受付期間:2022年3月17日(木)19:00~3月27日(日)23:59
キャストコメント
 
 
西條高人/経若:陳内 将

皆さまこんにちは。
舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~にて、西條高人/経若役として出演いたします、陳内将です。
舞台「紅葉鬼」はこれまで二作上演され、多くの有難いお言葉を頂戴しました。けれど、稽古初日から千秋楽に至るまでの道のりは決して平坦な道のりではなく、カンパニー一丸となって歩まなければ、辿り着けなかったものです。
夏に息吹き、冬に舞った舞台の紅葉。
次こそは紅葉シーズンの最中かと思いましたが、秋に咲かないのが舞台「紅葉鬼」。
第三作目となる今作は、新緑の季節にド派手に紅葉を咲かせます。
初めてご覧になる方々へも、続編を待ち望んでいた方々へも、脳裏を離れぬ紅葉をお届けすることをお約束いたします。


東谷准太/酒吞童子:加藤 将

この度、舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~にて東谷准太/酒吞童子役を演じます、加藤将です。
東谷准太として舞台「紅葉鬼」の稽古場に行き、大好きな高人さんと毎日一緒に稽古が出来ると思うと、ワクワクしますし毎日が幸せで楽しいですよね!
だって高人さんの色んな一面が見れるんですよ!!
っと准太なら思いそうなので、准太の気持ちを考えると稽古は超楽しいけど、本気の本気です…!
俺も仕事に対しては本気で全力で頑張るタイプですが、舞台「紅葉鬼」の完結編…、座組に経若役の陳内将さんがいます。
この舞台「紅葉鬼」の立ち上げから座組を引っ張ってきた将さんや皆に追いつくのは簡単なことじゃない。
だから俺は誰よりも必死に舞台「紅葉鬼」に命を燃やし、酒吞童子としてこの舞台で将さんの隣に立ち!
振り落とされないように頑張っていきます! 将さんを超えさせていただきます!
そんな気持ちで臨みます!!

俺達皆で作る舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~を最高の舞台にして、皆様にお届けします。
楽しみにしていてください!
新型コロナウイルス感染拡大予防対策に関する取り組みとお客さまへのお願い
 
 
新型コロナウイルス感染拡大予防対策に関する取り組みとお客さまへのお願い

この度、舞台「紅葉鬼」~酒吞奇譚~は、政府および都道府県庁など自治体の新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインや公益社団法人全国公立文化施設協会「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」、緊急事態舞台芸術ネットワーク「舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」に従い、感染予防対策を講じたうえで公演を実施することを決定いたしました。感染予防対策の詳細につきましては改めて公式サイト等にてご案内させていただきます。

観客の皆さまにおかれましては、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
原作 桜日梯子 「抱かれたい男1位に脅されています。」(月刊マガジンビーボーイ連載/リブレ刊)
演出 町田慎吾
脚本 葛木 英
出演 西條高人/経若つねわか:陳内 将
東谷准太/酒吞童子しゅてんどうじ:加藤 将

イクシマ:小波津亜廉
みかど:小野健斗
鷲王しゅうおう:田鶴翔吾
雪熊ゆきくま:小林由佳
月熊つきくま:今村ゆり子
花熊はなくま:渡邊彩乃
行成ゆきなり:相澤莉多
いぶき:磯田虎太郎/前田武蔵(Wキャスト)

殺陣衆:塚田知紀 白崎誠也 小笠原竜哉 菅野慶太
    村上歩夢 川島翔太郎 田中翔大 山田隼人

星熊ほしくま:髙木 俊
保名やすな:富田 翔
維茂これもち:今井靖彦

綾木千広/繁貞しげさだ:菊池修司
演奏 和太鼓・鳴り物:美鵬直三朗
ヴァイオリン:後藤泰観
制作 トライフルエンターテインメント
主催 アニプレックス ネルケプランニング トライフルエンターテインメント イープラス
お問い合わせ
公演に関するお問い合わせ
トライフルエンターテインメント
MAIL:info@trifle-stage.com
(C)DO1 PROJECT/舞台「紅葉鬼」製作委員会