TOP

ロゴ公開!
アグレッシブ ダンス ステージ『DEAR BOYS』
アグレッシブ ダンス ステージ『DEAR BOYS』イメージ
期間・劇場
2020年4月3日(金)~4月26日(日)
Theater Mixa
チケット
一般発売日 2020年3月7日(土)10:00
料金 7,800円(前売・当日共/全席指定/税込)
公演に関するお知らせ
 
 
公開までしばらくお待ちください。
舞台化決定!
 
 

「月刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の大人気バスケットボール漫画『DEAR BOYS』の舞台化が決定いたしました。
瑞穂高校バスケットボール部のエースで「天才」と賞される主人公・哀川和彦を、「7ORDER project」メンバーの長妻怜央が演じます。
そして、演出は『ダンス×演劇×J-POP』を謳うダンスエンターテイメント集団「梅棒」主宰の伊藤今人が手掛け、
演劇とダンスを融合させた梅棒ならではの表現方法で『DEAR BOYS』の世界観を描きます。
オリンピックイヤーにふさわしい本作に、どうぞご期待ください。

<哀川和彦 役:長妻怜央プロフィール>
nagatsuma .jpg

1998年6月5日生まれ。
「7ORDER project」のメンバーとして、演劇、音楽、アート、ファッションなど、ジャンルレスに活動をおこなっている。
主な出演作に、舞台「7ORDER」、SCHOOL STAGE『ここはグリーン・ウッド』など。
2020年1月末には舞台「DECADANCE」ー太陽の子ーの出演を控えている。

『DEAR BOYS』とは
 
 

「月刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の、八神ひろきによる大人気バスケットボール漫画。
1989年より同誌で連載を開始し、番外編『THE EARLY DAYS』を挟み、『ACT2』、『ACT3』に続いて、
『OVER TIME』を2017年2月号まで連載した。 そして、2018年10月より再始動した『ACT4』を現在連載中。
バスケットボールを題材とした漫画としては史上最長の連載30年を超え、シリーズ累計部数は4,500万部を突破している。

原作 八神ひろき(講談社「月刊少年マガジン」連載)
演出 伊藤今人(梅棒)
脚本 畑 雅文
振付 梅棒
キャスト <瑞穂高校>
哀川和彦役 長妻怜央
藤原拓弥役 松田 裕
三浦蘭丸役 安達公汰
石井 努役 松川大祐
土橋健二役 森下 人

氷室義男役 高木勝也

<成田中央高校>
森山敦司役 新谷デイビッド
児嶋章男役 飯田寅義
武内純一役 松島博毅
岸本 忍役 灰塚宗史
玉置直也役 岩崎良祐

薫役 高木トモユキ

赤峰 匠 井神崚太 千秋雄渉 山下剛生 (50音順)
お問い合わせ
公演に関するお問い合わせ
ネルケプランニング
TEL:03-3715-5624(平日11:00~18:00)
(C)八神ひろき/講談社